« 千歳の秋と言えば・・ | トップページ | スマホでポストカード! »

2017年9月12日 (火)

今年の・・

札幌市(厚別区・西区・手稲区・東区・白石区)・江別市(野幌)・小樽市・千歳市

の方に親しまれているパソコン教室 YESパソコン学院

初心者 から   資格取得MOS  趣味の講座 実施

MOS試験も当校で受験可MOS試験校

高校生 大学生 主婦 社会人 シニア 全ての方に対応できます

ホームページはコチラhttp://www.yes-n.co.jp

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.

こんにちは本日は小樽校広永が担当いたします。

最近なんとなくさむくなってきましたね。

今日も雨が降っておりますが、雨が降るたびに季節が秋に少しずつ変わっていくようなきがします。

この時期になると、十五夜っていつなのかなぁ、月見バーガーはもうそろそろ発売かなぁなど、頭をよぎります

せっかくですので、『十五夜』についてしらべてみました

十五夜というのは別名『中秋の名月』というそうで、旧暦の8月15日のことなんだそうですよ。

中秋の名月は他の季節の月よりもとても綺麗に見えるというイメージがあります

秋の月が綺麗な理由は、単に心理的なものだけではなく、空気の水分量や月の高さが秋にはベストな状態になるからという、科学的な根拠もあるようです。

中秋の名月の頃に月を眺める習慣は古くから存在しており、中国では唐代の頃からそういった風習があったそうです。
日本でも縄文時代の頃から習慣としてはありましたが、行事として取り入れられたのは平安時代に遣唐使によって日本に伝えられたと言われています。

その頃はまだ、一般的な風習ではなく貴族が風流を楽しむという意味が強かったそうですが、江戸時代になって、一般庶民の間でも中秋の名月を鑑賞しながら収穫した芋を食べるという風習が生まれました。

そして、それが除々に「収穫の季節に豊作を感謝する」という意味あいがうまれ、その時期に穫れた野菜などもお供えするようにもなったんですね。

ちなみに、お供え物と一緒に「すすき」を供えるのは、すすきを稲穂に見立てており、神様への収穫感謝を表明しています。

このように、お月見の由来には最も美しく見える季節に月を鑑賞するという意味の他にも神様への豊作祈願や収穫の感謝を表すという意味合いもあるようです。

ちなみに、今年の十五夜は10月15日だそうですよ

あれ、9月じゃないんだと思いつつ、今年の十五夜には月見団子に月見酒・・あれ?やはり食べ物の話で終わっちゃいました。

それでは本日はこの辺で失礼します

。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。.☆.。o○o。.★.。
YESパソコン学院 長崎屋小樽校
TEL: 0134-27-6266
E-Mail:n-otaru@yes-n.co.jp

。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。.☆.。o○o。.★.。

« 千歳の秋と言えば・・ | トップページ | スマホでポストカード! »

長崎屋小樽校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の・・:

« 千歳の秋と言えば・・ | トップページ | スマホでポストカード! »