« ようやく春ですね! | トップページ | キャンプ準備! »

2018年4月28日 (土)

転がる夢なんだよ追いかけていたいのは


札幌市(厚別区・西区・手稲区・東区・白石区)・江別市(野幌)・小樽市・千歳市

の方に親しまれているパソコン教室 YESパソコン学院
初心者 から   資格取得MOS  趣味の講座 実施
MOS試験も当校で受験可MOS試験校
高校生 大学生 主婦 社会人 シニア 全ての方に対応できます





本日のブログは元町校が担当です
さて、本日からゴールデンウィークの始まりですね!
皆様それぞれ過ごし方が色々あるかと思いますが、体調を崩さない様にお気を付けください

ゴールデンウィークと言えば、個人的に学生の頃、家族で小樽に行くのが定番になっていたので、
ゴールデンウィークといえば個人的に小樽というイメージがあります


昔はアクセサリーを集めるのが好きで、小樽に着いたら必ず最初に浪漫館というお店によく行っていました

B0199449_2202322_2

↑こういう建物のお店なのですが、硝子製品も揃っていてお洒落で綺麗なお店です
他にも色々素敵なお店がありますので、ゴールデンウィークの天気の良い日に、いかがでしょうか
昔ながらの町並みという感じで、札幌とは違う、不思議で幻想的な景色が何度見ても感動です

皆様にとって、ゴールデンウィークといえばここ!というようなオススメのスポットがあれば是非教えてください
最近遠くに行くのが好きなんです。よく道に迷いますが…



話が変わりますが、今回もパソコンに関する知識を1つ紹介して参ります
今回は、条件付き書式か表示形式かで迷っていたのですが、
表示形式が分からないという生徒様の方が多く見受けられましたので、本日は表示形式の方を紹介致します
条件付き書式の方は、ご要望がある時か、あるいは機会のある時にしようかと思います


さて、ではまず最初に、表示形式とは何かについてですが、

表示形式とは、Excelの機能の1つの事で、表のセル内に入力されているデータの表示を日付にしたりパーセント表示にしたり3桁区切りにしたりと、内容に応じて様々な形式に変化させられる機能の事です


01_5

↑これの事ですね
初期設定は全て「標準」となっていますが、左側の紙幣と硬貨のイラストのボタンをクリックすると通貨表示になり、隣の三角のボタンをクリックすると「\」や「$」「€」等使う記号の選択が出来ます
また、「%」のボタンをクリックするとパーセント表示になり、「 , 」のボタンをクリックすると3桁区切りの表記に変わります

そして、右側にある「←.0.00」と書いてあるボタンと「.00→.0」と書かれてあるボタンは、
それぞれ小数点以下の表示桁数を増やす・減らすボタンとなっています

後は、「標準」と書いてある右側の三角のボタンをクリックすると、

02

このようなメニューが表示され、先程のパーセントや通貨表示だけでなく、日付形式、時刻の設定も出来るんです
色々とバリエーションが豊富で、面白いですね


でもそれだけではないんです


今回は更に、ユーザー定義についても紹介します
先程紹介した表示形式とは別に、自分で入力して表示形式を決定する事が出来るんです
それがこのユーザー定義です

では早速、その設定方法を書いて参りましょう

今回は、特によく使われるであろう日付に関する設定方法を教えます

まずはExcelを起動し、どこでも構いませんので、セルの中に日付を入れましょう
本日は4月28日ですので、「4/28」と入れてみましょう
入れた後はEnterで確定するのを忘れずに
すると、特に何も設定していなければ「4月28日」と表記されるはずです


01_7

無事表記されたら、次はホームタブ、数値グループの右下のボタンをクリックしてみましょう

02_2

もしくは、「その他表示形式」からでも構いません

03

どちらかをクリックすれば、セルの書式設定ダイアログボックスが開きます

04

↑これがセルの書式設定ダイアログボックスです
この「種類」の場所に「m"月"d"日"」と書いてあるのが分かりますでしょうか
これが現在の表示形式の設定です
「m」は月を表わし、「d」は日を表わしています
それぞれ「month」「day」の頭文字から来ているのでしょうか
この部分を書き換えれば、色々出来そうな気がしますね

では、手始めに表記を「2018年4月28日」という表記にしてみましょう

まず、種類の下の入力できる場所にカーソルを置き、mの先頭にカーソルを移動してみましょう

05

出来ましたでしょうか
もしそこにカーソルが入りましたら、「yyyy"年"」と入れ、OKボタンをクリックしましょう

06


すると……どうでしょうか

07


なんと、表記が「4月28日」から「2018年4月28日」に変わっているではありませんか!?
この表記になっていれば成功です。上手くいきましたでしょうか
これで分かったと思いますが、「y」は年を表わしています
先程のmとdの法則から考えると、さしずめ「year」の頭文字から来たという事でしょうか
余談ですが、「y」の個数によって表示もまた変わり、「y」が4つだと「2018」に、
「y」が2つだと「18」と表記されます


それでは次に曜日を入れてみましょう
セルの書式設定タブをもう一度開きましょう
開いたら、今度は最後の所にカーソルを移動させ、スペースで1文字分空けた後「aaaa」と入力してみましょう

入力出来たら、OKボタンをクリック

08


すると……どうでしょうか

09


なんと、今度は「2018年4月28日」の後ろに「土曜日」と追加されました!
本来、曜日は表示形式で設定する事が出来ないのですが、このようにユーザー定義を使う事によってわけなく設定する事が出来てしまうんです
ユーザー定義ってとても便利ですね!

ちなみに、曜日は「a」で表わしますが、何故「a」なのかは正直分かりません
色々仮説があるようですが、どれが本当かは定かではありませんでした
もし時間があるなら「表示形式 曜日 a 理由」で検索してみて下さい

「a」は、4つ入れれば「土曜日」と表記されますが、3つだと「土」と表記されます
お好きな方を使ってください


他には、和暦にするなら「e」、元号を入れる時は「e」の前に「g」を入れると「H30」と表記されます
「g」が2つだと「平」、「g」3つで「平成」という表記になります
面白いですね




それともう1つ、表示形式の中でも特に質問として多かった内容として、
「表示形式の「0」と「#」の違いが分からない」という方が多かったので、こちらも説明します
自分も、最初はどういう違いがあるのか分かりませんでした

「0」と「#」は、どちらとも数字を表わす記号ですので、どちらとも同じ意味になるんです
ただし、違う点が1つあります
それは入力された数字が0に相当する場合の時の処理方法の違いです

どういう事なのか、実際に検証してみましょう


まず、手始めにセルの書式設定ダイアログボックスを開き、
種類の所に「#,###」と入れた後、OKボタンをクリックしましょう

10_2


その後、設定した箇所に「0」と入れてみましょう

するとどうでしょうか

数式バーには、「0」という表記がありますが、入力したセル内は空白になっていますね


11

今度は、反対に表示形式を「0,000」に変更してみてください

すると、今度はどうでしょうか

12

「0,000」と表記されてしまいましたね
この表示形式で設定してしまうと、本来、「 , 」は、3桁区切りの時に使うはずが、例えば「150」と入力すると「0,150」と表示されてしまい、見栄えが悪くなってしまいます
(画像下を参照)

13_2



3桁区切りの表示形式にするときは、「#,##0」にしておきましょう
「#」は、「#」にあたる部分が0に相当するときには空白にするという意味ですので、
もしも「10」と入力された場合だと、千の位と百の位にあたる部分は空白の扱いになり、
表内には「10」と表記されます
意味、分かりましたか?




このように、表示形式の設定方法は他にもまだまだ沢山あります
表示形式にはそれぞれ規則があり、それさえ覚えれば実務にも使えて非常に便利で役に立ちますので、時間があれば「表示形式 ユーザー定義 一覧」で検索してみてください
もしかしたら、面白そうなものが見つかるかもしれません
Excelって、本当に色々出来て奥が深いですね。今回は、そんなお話でした


「何の話だったかさっぱり分からん!」という方は、是非お近くの先生に聞いてみてください
YESパソコン学院の先生方は皆有資格者揃い
皆様からの安心と信頼を戴けるように、親切丁寧な対応、パソコンに関する質の良い知識を提供致します
「同じ事を100回聞かれても必ず笑顔でお答えします!」を合言葉に、この教室に通って良かったと仰って戴ける様に、今後も一同一生懸命頑張ります


では本日はここまでです。
ここまで読んでくださり誠にありがとうございました。
次回もまたお会いしましょう。再見!









☯☯

YESパソコン学院 イオン札幌元町校

HP:http://www.yes-n.co.jp/classfeatures/hokkaido/motomati.html

☎:011-792-5390

✉:
i-motomachi@yes-n.co.jp

« ようやく春ですね! | トップページ | キャンプ準備! »

イオン札幌元町校」カテゴリの記事